40代をぼちぼちと生きる

40代突入を機にブログ始めてみた

いだてん第36回「前畑がんばれ」

f:id:naka40life:20190927145718j:image

第36回の「いだてん感想付箋」です。

ものすごい詰め込みました。 

 

(いだてん感想付箋についてはこちらを参照)

naka40life.hatenadiary.jp

 

 

人を励ます言葉として「頑張れ」ってよく言うんですけど、受け取るほうは「もう頑張っている」「まだ頑張りが足りないの?」と、しんどくなってしまうことも時にあるんですよね。今回の前畑さんのように重圧となることも。

 

だから個人的には「頑張れ」はあまり言いたくないですし、言われるのも苦手です。

 

ロサンゼルス大会で、東京市長から「なぜ金メダルを取って来なかった?」と言われたことによって奮起し、タイムを縮めるためにひたすら泳いだ前畑さんでしたが、記録は思うように伸びず…(ここでもう充分頑張っています)

まーちゃんにも「頑張れ」と言われて「頑張って金メダル取れるんやったら、ロサンゼルスで取っとるわ!」と、プールに突き落とします。

自分に苛立ち、日本中からの「頑張れ」にも苦しんでいました。

 

「頑張れ」に代わる励ましの言葉。

どう言うのがいいのかすぐに思いつきませんが、その人がもう頑張っていることを理解し、共感するのがいいのかなぁと思いました。

 

ちなみにまーちゃんは、頑張れに代わる言葉として「記録なんて気にしなくていいからネッ☆」とか「楽しんで☆エンジョイ!」ていう風に言っていました。

「気にしなくていい」と言われても気にするじゃんねぇ!

 

そんな前畑さんでしたが、決勝では日本中の「頑張れ」を力に変えて、優勝を勝ち取りました。

しかし「前畑さん勝った!良かった!」では終わらず。

 

あれだけ神宮競技場での東京オリンピックにこだわっていた嘉納先生が、「神宮ではベルリン以上のオリンピックはできない」と言い出し「日本の文化や精神を世界中の人に理解してもらう」とも…

オリンピックを「楽しいからやる」と言っていた、あの嘉納先生がそんなことを言うとは。

 

新聞の記事を見た河野は「オリンピックは軍のものではない!オリンピック反対論を国会に提出する!」と怒り心頭。

日中戦争勃発。

なんだかきな臭い展開になってきました。

 

そして第36回で最も衝撃だったのが、日本選手団の通訳を務めたヤーコプの死。

「オリンピックが終われば自分の利用価値はなくなる。自分がどうなるかわかっていたからだろう」と、副島さん。

史実では、亡くなったのは選手村の村長さんだったそうです。

 

ヤーコプがまーちゃんに「前畑に渡して欲しい」と写真を託すシーン。

印象的だったので、絵に描きました。

 

ヤーコプが撮った写真がすごく素敵…。

 

 

この第36回が、四三さんと弥彦のストックホルムオリンピックにも似ていると思いました。

まーちゃんが前畑さんを襲った(実際は止めに入った)ところをヤーコプに見られたシーンは、四三さんが弥彦に馬乗りになっているところを安仁子に見られたシーンと重なるし、オリンピック関係者が亡くなるところも。こじつけすぎですね(;´∀`)ゴメンナサイ

 

 

第36回の「いだてん紀行」には、岩崎恭子さんが登場。

14歳でオリンピックで優勝したことで、その後の彼女の競技人生も想像を絶する苦労があったと思います。

当時はマスコミ取材に「世界記録を出します、と言うしかなかった」と仰っていました。「今後の目標は?」といったことを聞かれて、一生懸命に出した応えだったのでしょう。

しかしバルセロナオリンピック以降、成績が振るわず。「何が世界記録だ」みたいなバッシングがすごかったと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマってます!いだてん

今年の大河ドラマ「いだてん」にドハマりしています。

なんといってもこれ、制作発表があった2年前から放送を楽しみに待っていた作品ですからね。

第1回の放送で、初めてタイトルバックを見た時は、感動で泣きましたよ(´;ω;`)

「ついに!ついにこの日がキター(゚∀゚)ー!」と。

 

期待通り!

違う!

そう!

違うっ!

それ以上です!!

毎週録画してブルーレイに保存しています。

 

 

あと、毎週購入している「NHKウィークリーステラ」のいだてんのページを切り取ったものや、いだてん関連のネット記事をプリントアウトしたもの、新聞記事、その他雑誌記事に至るまで、ファイリングしています。

 

ファイルはコクヨの「ノビータα」を使用。

金栗四三編と田畑政治編で分けています。

f:id:naka40life:20190915132045j:image

 基本的にファイリング作業が好きなんですね私は…。

 

 

 

 また、毎回どんな話だったのかが一目で(?)わかるように、印象に残ったセリフや場面とか感想を付箋に書いてA4用紙に貼ったものもファイリングしています。

名付けて「いだてん感想付箋」です。

f:id:naka40life:20190915132058j:image

 最終回まで続けられるように、なるべく手を抜いて書いています。

(下書きせずボールペンで一発書き)

 

最初はSNSにUPする前提でしたので丁寧に書いていましたが、途中でしんどくなってきて「あ、このままだと挫折してしまう」と思ったので、手を抜き、SNSに毎回UPするのもやめました。

 

 

今回ブログを書くに当たって、過去の感想付箋を読み返していたのですが、第24回で美川くんが熊本にいることを予想していたので、自分でもびっくりしました!

f:id:naka40life:20190915132158j:image

 

 

第34回の田畑夫婦がすっごく癒しだったので、思わずあのシーンを描いちゃいました(´∀`*)これはさすがに下書きして頑張って描きました。

あのシーンでは、阿部サダヲさんのきれいな寝顔と、はだけた胸元にドキッとしました。

でも私が描くとなんか違う…(つд⊂)

f:id:naka40life:20190915132147j:image

 

 

 

 

「いだてん~東京オリムピック噺~」の主役は金栗四三田畑政治ですが、主役の2人だけでなく、他の登場人物のドラマも描かれているところが素晴らしいです。

「痛快男子」の三島弥彦は、自分に絶対の自信を持っていたが、初めてのオリンピックで世界の壁にぶち当たり、挫折を経験する。

どうしようもない体たらくの美濃部孝蔵は、落語と出会って人生が変わる。

 

また、この作品を見なければ知り得なかったかもしれないことも。

嘉納治五郎さんが、日本のスポーツの普及のためには借金までするとか

体育館に設置されているあれは「肋木」という名前で、永井道明という人が広めたとか

ドッジボールの伝道師は可児徳さんだったとか

1912年ストックホルムオリンピックポルトガル代表の選手が亡くなられていたとか

 

人見絹枝さんや前畑秀子さんも、お名前しか知らない程度の知識だったから、どんな方だったのかを知ることができて良かったです。

 

まーちゃんのキャラは、阿部さんがオーバーにやってるんだとばかり思っていましたが、実際の田畑さんを知る人は「生き写しのよう」と仰っているそうです。あんなにせわしい人が実在していたなんて信じられない…(^^;)

 

あと、まーちゃん「ジジイ」言い過ぎです(笑)

 

映画「名前」鑑賞(ネタバレ感想あり)

津田寛治さんと駒井蓮さんのW主演映画「名前」。

劇場公開時には鑑賞することができなくて泣いていましたが、このほどDVD&ブルーレイが発売され、ようやく自分も観ることが叶いました~~~~~!!!・゜・(ノД`)・゜・

f:id:naka40life:20190723212232j:image

 

劇場公開当時、ツダカンさんが今作について語られたインタビュー記事を読みまくったりしていましたし、鑑賞された方の感想もツイッターでたくさん目にしましたので、予備知識はありました。良作らしいということも知っていました。本当に良作でした!

 

原作者の道尾秀介さんの作品は読んだことがありませんでしたので、作風を知らなかったのですが、「名前」は温かで優しいお話だなと思いました。

 

駒井さんのお芝居は初めて拝見しましたが、すごく自然でピュアなお芝居ができる方だと思いました。要チェックの女優さんだと思います。今後の活躍が楽しみです。

 

 

※以下はネタバレを含む感想になります。

ネタバレを回避したい方は読まないで下さい。

 

 

 

 

いくつもの名前を使い分けて生きる男・中村正男と、孤独を感じている少女・葉山笑子。

全く違う人生を歩んできた2人だけど、共に「孤独」と「本当の自分を見失う」という共通点があると感じた。

 

「必要に駆られて他人を演じている」と正男は言う。

 

正男の場合は極端だが、誰しも「違う自分を演じること」はあると思う。

例えば、「職場での自分」と「プライベートでの自分」「友達といる時の自分」と「家族といる時の自分」など。今の時代は、SNSで嘘の自分を演じることもできるだろう。

 

 

笑子が榎本から告白されるシーン。

榎本に「大人でクールで他の奴らになんか染まらない」と言われ、笑子は「それ私じゃない」と言う。

水商売をしている母親の前では、しっかりした優しい娘を演じている笑子。本当は母と一緒におしゃべりしながら夕飯を食べたい、年相応の女の子なのに、そうせざるを得なかった。

 

母がしまっていた手紙を、笑子は偶然見つける。それは父と思われる人からの手紙だった。

手紙にあった住所へ、父に会いに行く笑子。

庭に入ると、大家さんから「中村さんに何の用?お子さんじゃないよね?」と聞かれ、思わず「そう見えますか?」と嬉しさで微笑む。

 

笑子はずっと父が恋しかったのだろう。

美術室で「補導されてからウザいんだよね!うちのパパ」と苛立つ明日香を、笑子が無言で見つめる様子からも見て取れる。

 

買い物袋を下げて向かいから歩いてくる正男とすれ違う。この時の駒井さんの表情。笑子の胸の高鳴りが聞こえてくるような、いい表情をしていらした。

その家に入っていく正男を見て、自分の父だと確信する。しかし、笑子の本当の父親はこの家の前の住人で、既に亡くなっていることがラスト近くになって判明する。

 

笑子は正男の家に上がり込み、部屋を掃除したり、夕飯を作って一緒に食べたり、夏祭りや釣り堀に行くなどして、それまでの父との空白期間を埋めるかのように、楽しい日々を過ごす。

正男にとってもきっと同じだったことだろう。

 

正男は元妻・香苗との間に子供を授かったが、死産するという悲しい過去があった。

突然現れた「娘」と名乗る笑子と過ごし、本当に自分の娘なんじゃないかと錯覚していた瞬間があったかもしれない。

 

正男と笑子。

2人で過ごした時間は「親子」だったし、お互い「本当の自分」でいられた時だったと思う。

特に印象的なのが、夏祭りのシーン。

2人の距離が急激に縮まったように感じた。

 

正男と笑子が別れるラストシーン。

「お父さんですか?」と先生に聞かれて「この人は違います」と笑子が答えたことで、2人が会うことはもうないのかもしれないと思えて切なくなった。

 

笑子を見届けた正男は、煙草を取り出し口にくわえるのだが、火をつけずにまた戻す。

この時、ひょっとしたら正男の脳裏に、笑子とやりとりしたメール(「おじさんの煙草のせいじゃない?」「ちょっと気をつけるわ」)もしくは、2人が初めて会った時に笑子から言われた「煙草やめたほうがいいよ」という言葉がかすめたからではないかと、想像する。

 

喫煙シーン自粛ムードが広まるこのご時世と逆行するかのように、この作品では喫煙シーンがたくさん出てくる。ツダカンさん登場シーンの9割ぐらい煙草を持っているのでは?と思ってしまうくらい。

しかしこれがまたかっこいいんだわ。

歩き煙草は本当はマナー違反だけどね)

 

 

↑お祭りで、笑子が正男に「おじさん次はあっち!」って言ってるところの妄想。

本編にはなかったけど、正男と笑子にはこんな瞬間もあったはずと思えてしまったんですよね。

笑子の右手が正男の肩に触れている(見えないけど)ことで、2人の距離が近くなったことを表現しました。

正男には、ビールの紙コップと煙草を持たせました。

 

金魚は・・・・・・・どこへ行ったんでしょうね??(;・∀・)

 

自分は写実的に描くのが苦手なので、ついデフォルメで描いてしまいます。

これもあえて漫画タッチで描きました。

デフォルメが苦手な方はごめんなさい。

 

 

 

 

スクラッぷくブック 最終週

f:id:naka40life:20190404194529j:plain

 

スクラッぷくブック完走しました!

最後だからと、最終週分は下書きをしてから描きました。

 

 

まんぷくが終わってもう1週間経ちました。

とある情報番組では、鈴さんの影響で「生前葬」が世間で注目を集めているらしいと紹介されていました。ホンマカイナー!《゚Д゚》

 

 

まんぷくの影響でチキンラーメンが売れたり、カップヌードルが売れたり。まぁ私もその波に乗ってしまった1人なのですがね(;´∀`)

最後に来たブームは生前葬、というわけですね。

まんぷくパワー恐るべし。

 

 

最初は福ちゃんと萬平さんのほのぼのする恋愛に、ひたすら萌えながら見ていましたが、結婚後は萬平さんのマッドっぷりや、時折放り込まれる笑いどころにツッコミを入れながら、また時に涙しながら半年間楽しく見てきました。

 

 

 

しかしながら、自分にとって毎日ドラマを見るというのは、ものすごくエネルギーを使う大変な作業だということも、改めて実感しました。

なので、しばらく朝ドラ視聴はお休みしようと思いますm(_ _)m

 

 

 

スクラッぷくブック 第23週と第24週と第25週

f:id:naka40life:20190323215245j:plain

 

 

f:id:naka40life:20190323215316j:plain

 

 

f:id:naka40life:20190323215340j:plain

 

1970年になった第23週からです。

 

いよいよカップヌードル…じゃなくて、まんぷくヌードル開発に着手したまんぷく食品。

今は当たり前のように食べているヌードルですが、開発時は前例がない物でしたから、カップを作るのにもものすごい苦労や労力があったということを、開発の様子を見ていて知りました。

本当に「大発明」だったんですね。

 

 

…で。

 

まんぷくラーメン作りの時もそうだったのですが、

毎日見ていたらヌードルも食べたくなってきまして。

何年ぶりかわからないですけど、ヌードル食べましたよ。

f:id:naka40life:20190324142642j:plain

 

名木くん、カップのデザインを任されて、最初はプレッシャーで押しつぶされそうになっていたのに、出来上がったデザインを見たら、すごくかわいいのが出来てて、名木くん頑張ったなぁ!と思いました。

本当にあのデザインで、カップヌードル売ってくれたら買ってしまうかも!限定でいいから売って欲しい…。

 

 

そういえば、カップヌードルカップのデザインも、ずっと変わってないですよね?

すごい!

 

 

特捜9 season2の情報解禁!


www.tv-asahi.co.jp

 

きましたね~

特捜9 season2の発表がやっときました!

 

9係時代は2月に次期のお知らせが来ていた(と記憶しています)のに、今回全く音沙汰なかったので、特9のs2は正直ちょっと諦めかけていました(´・ω・`)

 

が!

 

今朝ツイッターを開いてびっくり!

 

お知らせキター(゚∀゚)ー!

 

ってなりましたよ。

 

しかも第1話の前にスペシャルがあるって言うじゃないですか!

特9初のスペシャルですよ!(*≧∀≦*)

 

シャッフルコンビ?も楽しみですね。

誰と誰になるのか、どういう化学反応を起こすのかドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ

 

 

特9絵職人(自称)としては、今回も絵をいくつか描ければな~と思っています。

オフシーズンもちょくちょく描いてはいましたけどね…(;´∀`)

絵はたぶんツイッターで上げると思います。

 

特捜9 season2の情報解禁!


www.tv-asahi.co.jp

 

きましたね~

特捜9 season2の発表がやっときました!

 

9係時代は2月に次期のお知らせが来ていた(と記憶しています)のに、今回全く音沙汰なかったので、特9のs2は正直ちょっと諦めかけていました(´・ω・`)

 

が!

 

今朝ツイッターを開いてびっくり!

 

お知らせキター(゚∀゚)ー!

 

ってなりましたよ。

 

しかも第1話の前にスペシャルがあるって言うじゃないですか!

特9初のスペシャルですよ!(*≧∀≦*)

 

シャッフルコンビ?も楽しみですね。

誰と誰になるのか、どういう化学反応を起こすのかドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ

 

 

特9絵職人(自称)としては、今回も絵をいくつか描ければな~と思っています。

オフシーズンもちょくちょく描いてはいましたけどね…(;´∀`)

絵はたぶんツイッターで上げると思います。