40代をぼちぼちと生きる

40代突入を機にブログ始めてみた

カテゴリー別に分けられるスクラップブックを作る

新聞を読むのが好きです。

コンビニに行くとつい、2誌3誌と買ってしまいます。

(お気に入りは●●新聞と✖✖新聞ですが、たまに△△新聞を買うこともあります)

 

読むだけでなく、目に留まった記事を切り抜いてスクラップするのも好きです。

その切り抜きを貼り付けるのに、これまではコクヨ のスクラップブックを使っていました。

スクラップブックといえばこれのイメージがあり、なんとなく使い続けてきたのですが…

f:id:naka40life:20191105221817j:image

結構使いづらいんですよね~これ(´・ω・)

 

左右のページ数のバランスが悪くなると、少ないほうのページがフワ〜と倒れてきて、切り抜きを貼る作業がしづらいんです。

なので、倒れてくるほうに重しをのせて使っていました。

 

そこで、「使いやすいスクラップブック」を自分で作ってしまおう!ということに。

あと、記事をカテゴリー別に分けられたらいいなと思ったので、「使いやすくてカスタマイズ可能なスクラップブック」を作ることにしました。

 

コクヨ のDリングファイルに、セリアで買ってきた仕切りシートをセッティング。

テプラで見出しを作りました。

f:id:naka40life:20191105221844j:image

 

 

f:id:naka40life:20191105221901j:image

 

Dリングファイルを選んだ理由は、単純に「たくさん綴じられそうだったから」。

中でもコクヨ製のこれにしたのは、リングの開閉が片手でできて楽だからです。

 

 

切り抜きを貼る台紙は、同じくセリアで買ったクラフト紙を。

f:id:naka40life:20191105221922j:image

 穴開けパンチで穴を開けて綴じます。